第60回日本手外科学会学術集会

座長・演者へのご案内

発表者へのお知らせとお願い

発表に際しては、「症例報告を含む医学論文及び学会研究会発表における患者プライバシー保護に関する指針」を遵守してください。

学術集会発表論文の投稿について
学術集会発表論文の日本手外科学会雑誌へのオンライン投稿受付期間は、
平成29年6月1日(木)9:00 ~ 平成29年7月1日(土)17:00までとなっております。

口演発表・ビデオ発表・ラウンドテーブル発表

PCでの発表のみとなります。
発表時、最初にスライドで利益相反の有無を開示してください。

【PC受付】

名古屋国際会議場1号館1階 アトリウム付近「PC受付」にて発表データの受付を行います。

※発表の30分前までに、PC受付で映像出力チェックを完了してください。
1日目の午前9時までは当日午前中発表の演者のみの受付とさせていただきます。また、2日目の演者は1日目にも受付が可能です。
4月27日(木) 7:00~18:30
4月28日(金) 7:00~18:00

※なお、初日のデータ受付は発表の時間が早い先生を優先して行います。ご了承ください。

【発表時間】

シンポジウム セッションごとに設定がございます。
個別に連絡させていただいた時間でお願いいたします。
パネルディスカッション
Young Leaders Symposium
スポンサードシンポジウム
Best paper session 口演7分、質疑3分
一般演題(口演) 口演5分、質疑3分
ビデオ発表 15秒の内容紹介+ビデオ1分
ラウンドテーブル セッションごとに設定がございます。
個別の発表時間はこちらをご確認ください。

ビデオ発表、ラウンドテーブル以外は、発表時間の終了1分前は黄色ランプ、終了は赤ランプでお知らせいたします。
討論時間については座長の指示に従ってください。
口演時間の厳守をお願いいたします。
演者は担当セッション開始時間の10分前までに各会場へご到着ください。

【ビデオ発表、ラウンド・テーブル発表の演者の方へ】

ラウンドテーブル日時 4月27日(木) 17:40~18:25、19:15~20:00
ビデオ発表日時 4月27日(木) 18:30~19:10
会  場 名古屋国際会議場 イベントホール(企業展示スペース前)

【発表会場の概要図】 

ビデオセッションについて
ビデオセッションは従来のe-posterに代わるセッションです。
「ビデオ」とは、撮影した動画(映像)ではなく、ナレーション付きのスライドショーを動画としたものを指します。
発表のために動画(映像)を撮影して頂く必要はございませんが、事前に、WEB閲覧用動画(3分)と、当日発表用動画(1分)のスライドショー動画をご用意いただきます。
WEB閲覧用動画は第60回日本手外科学会学術集会ホームページにて閲覧できます。

ビデオセッション当日のご発表の流れ
当日の『ビデオセッション』では、1分の発表用動画の前に、各自15秒間発表演題についてのアピールを会場にて行っていただきます。その後作成いただいたスライド(1分)でご発表ください。

ラウンドテーブルについて
ラウンドテーブルは他の参加者から意見が出やすく議論が白熱する発表を想定して企画されたセッションであり、お気に入りの治療方法の紹介や、治療に悩んだ症例、骨折型や損傷形態による治療方法の選択等、必ずしもEBMに基づいたものでなくても構いません。
発表の形式に特に決まりはなく、各自持ち時間を自由に使用しご発表ください。

【PC発表準備についてのご注意】

  • PC受付および発表会場ではWindows10を搭載したPCを用意いたします。
    ※Macintoshはご用意いたしておりません。
  • パソコンの解像度はXGA(1024×768)です。このサイズより大きいまたは小さい場合、画質の劣化につながります。(会場プロジェクターのリアル解像度がXGAになっていますので、最適な画質が得られます)
  • メディア(CD-R、USBメモリーのみ可)、またはPC本体持込みにて発表データをお持ちください。Macintoshデータの場合は、必ずPC本体をお持込みください。PC本体をお持込みされる場合は、必ず付属のPCケーブルコネクターをご持参ください。
  • 動画や音声を使用する場合もPC本体をお持込みください。

*動画ファイルの注意点
Windows 10(OS)およびWindows Media Player12の初期状態に含まれるコーデックで再生できる動画ファイルをお持ちください。(動画ファイルはWMV形式を推奨いたします。)
ファイルサイズは、1GB以内になるようお願いいたします。

《メディアでお持込みの場合》
(1) データは、CD-RまたはUSBフラッシュメモリーでご持参ください。
(2) アプリケーションソフトはMicrosoftPowerPointに限定します。
(3) データはWindows MS PowerPoint2007/2010/2016をご使用ください。
(4) ファイル名は、【演題番号_演者名】としてください。例:1-3-1_山田太郎
(5) 発表データの作成の際はWindows標準フォント(MS明朝、MSP明朝、MSゴシック、 MSPゴシック等)をご使用ください。それ以外のフォントをご使用されますと、正常に表示されないことがございます。
(6) メディアを介したウイルス感染の事例がありますので、最新のウイルス駆除ソフトでチェックしてください。
(7) 発表データ作成後は、他のパソコンで正常に動作するかチェックしてください。
(8) 発表時にコピーした発表データは、学会終了後に削除いたします。

《PC本体をお持込みの場合》
(1) PC付属のACアダプターを必ずお持ちください。
(2) 会場でご用意するPCケーブルコネクターの形状はD-sub15ピンです。 この形状にあったPCをご用意ください。
変換コネクターが必要な場合は必ずご自身でお持ちください。
(3) 発表中にスクリーンセーバーや省電力機能で電源が切れないよう、あらかじめ解除してお持ちください。
(4) 起動時にパスワード等を設定している場合は、解除しておいてください。
(5) PCは会場のオペレーターにお預けください。PCとプロジェクターの接続はオペレーターが行います。発表時の操作は演台上のマウス、キーパッドで行ってください。
(6) PCトラブルに備えて、CD-Rまたは、USBメモリーにてデータをご持参されることをお勧めいたします。
(7) パワーポイントの機能 「発表者ツール」はご利用いただけません。

座長および発言者へのお知らせとお願い


座長へのお願い

  1. 口演座長の先生は担当セッション開始時刻の15分前までに次座長席にご着席ください。
  2. プログラムの定時進行には十分ご配慮いただきますようお願いいたします。

発言者へのお願い

  1. あらかじめマイクの前に立って、座長の指示に従い所属・氏名を述べた後に簡潔に発言してください。
  2. 質問の前の長い前置きや、単なる追加発言はご遠慮ください。

COIの記載について

日本手外科学会倫理利益相反委員会による「日本手外科学会における事業活動の利益相反(COI)に関する指針」が平成25年4月17日づけで出ています。
学術集会発表時の開示は、COIの有無にかかわらず全ての発表者が行うことになっています。
口頭発表のスライドの最初に下記の見本のような開示を行ってください。(スタイルの変更は可)

COI無しの場合
日本手外科学会
筆頭発表者のCOI開示

演題発表に関連し、開示すべき
COI関係にある
企業等はありません。
COI有りの場合
日本手外科学会
筆頭発表者のCOI開示
受託研究・共同研究費:○○製薬
奨学寄附金:○○製薬
寄附講座所属:あり(○○精機)